自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】VC産カブト

Hatena

こんにちは、オトナシです。

 

今回の色違いは先日ポケモンGOでも「アドベンチャーウィーク」で色違いが追加されたポケモンです。

ちなみにぼくはGOの方では捕まえられませんでした・・・(´;ω;`)

 

 

 

カブト

カブトは化石から復元されるポケモン

野生では出現しないポケモンになっています。

 

しかし、第5世代のPDW(ポケモンドリームワールド)では唯一野性として捕まえることができたので

モンスターボール以外も存在しており、オシャボの化石ポケモンは非常に希少価値のあるポケモンです。 

 

初代VC

カブトは「おつきみやま」で「こうらのかせき」をもらえます。

 

そして「グレンタウン」の研究所で復元することで入手できる1つのソフトにつき1体しか手に入らない貴重なポケモンです。

 

「こうらのかせき」を選ぶと対の「かいのかせき」は手に入れることができず

 「オムナイト」は手に入らないので事前にどちらが欲しいか決めておくのが良いでしょう。

 

進化はレベル40と少し遅めなので

初代の環境だと少しレベルを上げるのが大変かもしれません。

 

図鑑完成には必ず両方の化石が必要になるので

サブロムを買うか、周回して集めましょう。

 

金銀VC

金銀クリスタルでは、「カブト」や「オムナイト」は出現しません。

過去作からの交換のみでしか手に入れる方法はないので

孵化する際などは注意が必要です。

 

ただVC色違いを狙うのであれば

個人的に初代は必要不可欠なので

ポケモン好きのみなさんは

おそらく持っていると思います。

 

次は色違いのカブトの紹介です。

 

色違いはどんな色?

ではさっそく色違いを見てみましょう。

f:id:FreeGM:20180622173420j:plain

こちらがカブトの色違いです。

 

ちょっとこの画像だけだと違いが分かりにくいですね。

 

今回のカブトはなんと

・・・・・・・・・・12匹目です。

 

孵化歩数が多いポケモンでこんな風に早く出てくれるととても嬉しいですね。

 

・・・しかし、早く出すぎるのも困りもので

 

今回はとりあえずタマゴ技のために♀のカブトを産もうとしてたので

じつは・・・タマゴ技がまだ遺伝できてない状態だったんです。

 

とりあえずは生まれてきてくれたので

タマゴ技についてはもう一周するか考えます。

 

ただVCの全ポケモン色違い孵化を目指してるので

それが終わってからでもいいかなと思っています。

 

次からはタマゴ技の準備が済んでから色違いが出てくるように祈っています。

 

カブトの色違い比較

では、次に色違いのカブトの比較に移っていきましょう。

 

f:id:FreeGM:20180622174258j:plain
f:id:FreeGM:20180622174252j:plain
カブトの色違い比較



比較するとわかりやすくなりますね。

 

通常よりもちょっと薄めの緑色になってます。

 

それにしてもなんで色違いは緑なんでしょうね。

いつも思うんですけど

色違いの基準みたいなのはどうやって決めているんでしょう?

 

最新作では結構奇抜な色合いも多いかなと思います。

ハギギシリ」とかはまさにTHE奇抜!

って感じですよね。

 

きっと誰しもがこんな色合いだったらどんなだろう

とかそんな想像を膨らませたと思います。

 

 

f:id:FreeGM:20180622180051g:plain
f:id:FreeGM:20180622180100g:plain
色違いカブト比較(3D)

3Dモデルだととても分かりやすいですね!

USUMに送れる日が待ち遠しいです。

 

目標はとりあえずVCのボックスを色違いで埋めることです。

応援よろしくお願いします。

 

 

カブトのタマゴ技

・オーロラビーム

・こうそくスピン

・じたばた

・バブルこうせん

・あなをほる

れいとうビーム(クリスタルのみ)

 

・・・・・・すみません。

今回はぼくのカブトの色違いが♀を出そうと思っていたときに出てしまったのでタマゴ技は覚えさせられなかったです。(カブトの♀が色違いが出た後の余っているタマゴで出ました・・・。)

 

効率的な遺伝ルート

色違いを集める人向けなので

初代のVCがあること前提で

一番楽なものになっているはずです。

 

こうそくスピン・オーロラビーム

デリバードのタマゴ技ドーブルを使う)

「こうそくスピン」

「オーロラビーム」

れいとうビーム」(クリスタルのみ)

   ↓

デリバード♂」×「カブト♀」

   ↓

これで

・こうそくスピン

・オーロラビーム

れいとうビーム

を覚えたカブトが生まれます。

 

あなをほる・バブルこうせん

初代VCを用いれば面倒な手はずはいりません。

 

まずは初代VCにコダックの♂を送ります。

そのコダックに初代VCで

 

バブルこうせん(技マシン11)

れいとうビーム(技マシン13)

あなをほる(技マシン28)

 

を覚えさせて金銀VCに送り返します。

 

そして技を覚えさせた

 

コダック♂」×「カブト♀」

 

で生まれてきたカブトは

・バブルこうせん

・あなをほる

れいとうビーム(クリスタルのみ)

を覚えています。

 

じたばた

「じたばた」は少し遺伝が面倒です。

 

水中1・3のポケモンの中にはレベル技で「じたばた」を覚えるポケモンはいません。

よって以下のルートで覚えさせます。

 

コイキング(水中2・ドラゴン)Lv.30

タッツー水中1ドラゴン)卵技

→カブト (水中1・水中2)卵技

 

このルートでカブトに「じたばた」を覚えさせましょう。

  

たぶんこれが最大効率の遺伝経路です。

もし、他の効率的なルートがあったら教えて欲しいです。

 


VC限定の技・技マシン

 カブトは初代のVCも使えるので、現世代では不可能な技も多く覚えることが可能です。

 

個人的には初代VCの「ハイドロポンプ」は覚えさせておきたいですね!

 

初代VC

レベル技

ハイドロポンプ・・・レベル49(カブトプスはレベル53)

初代VCでのみ覚える。カブトが覚える水タイプの技では一番威力が高いです。

 

有用そうな技マシン

 のしかかり(技マシン08)

相手のマヒを狙いつつ攻撃していきたい人向けです。ノーマル技だと他にも進化後のカブトプスに「きりさく」もあるので候補の一つとしてはありだと思います。

 

ちきゅうなげ(技マシン19)

進化後のカブトプスが覚える。もうどうしようもなくなった時の固定ダメージ技。物理耐久が厚いポケモンに対する・・打点?

 

いかり(技マシン20)

特性の「くだけるよろい」とともに。相手が物理メインのポケモンであれば特性の発動ですばやさのランクが上がると同時に攻撃のランクも+1されるのでそのまま倒しきれるかも。

 

リフレクター(技マシン33)

「くだけるよろい」が二回発動できる可能性にかけて少しでも物理耐久を上げたい方へ。最低5ターンは後続まで効果が発動するので、瀕死の間際にでも・・・。

 

ネタ技マシン

かまいたち(技マシン02)

次世代での強化があれば活躍間違いなし!笑

 

とっしん(技マシン09)

反動を受けるので、威力的にも他の技でかまわないと思います。

 

すてみタックル(技マシン10)

こちらも反動がある技なので、採用理由は特にないです。完全にネタとしてお使いください。

 

バブルこうせん(技マシン11)

USUMではタマゴ技です。他にも「ハイドロポンプ」などがあるので完全に下位互換。

 

みずでっぽう(技マシン12)

ハイドロポンプ」の下位互換です。採用理由は正直・・・・。

 

じごくぐるま(技マシン17)

USUMでは教え技で「ばかぢから」があるので、そちらを採用する方がデメリットは少ないです。

 

ものまね(技マシン31)

使い方によっては一発逆転も狙えるかも!

 

ロケットずつき(技マシン40)

防御が一段階上がるけれども、隠れ特性の「くだけるよろい」とはアンチシナジーです。

 

 

 金銀VC

有用そうな技マシン

ころがる(技マシン04)

岩タイプで連続で出すことができるとタイプ一致の最高火力技。

 

れんぞくぎり(技マシン49)

フェアリーなどが多い現環境で虫タイプの技の通りはあまりよくないけれども「メトロノーム」を持たせて全抜きを狙えるか!?

 

ネタ技マシン

のろい(技マシン03)

特性とはアンチシナジーなので、完全にネタっぽくなります。

 

他にも技マニア向けには初代VCで「がまん」、「メガトンキック」。

2世代だと「うずしお」や「いわくだき」などなど

 

アッと驚くような技が数多くあるので、ぜひ自分だけの「カブト」を育成してみませんか?

 

おわりに

今回はここまでです。

 

化石ポケモンは孵化歩数が7000後半なので、相当自転車を走らせなければいけません。

しかし、それに見合った達成感は必ず得られると思います。

 

ぜひ一度皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

 

次の記事でもまたよろしくお願いします。

 

(現在の平均孵化個数は約44個)

 

 

 

注目記事