自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】ORAS産 聖剣士(ビリジオン・コバルオン・テラキオン)

Hatena

こんにちは、オトナシです。

 

今回はORAS産の色違い聖剣士たちの紹介です。

前回のレジ系と同様に、過去作産なので一気に三体いってみましょう。

 

では、本編へ行きます。

 

 

 

ビリジオン

まずは「そうげんポケモンビリジオンから

伝説では珍しい「くさ」タイプのポケモン

BW(第5世代)からのポケモンです。

 

特性は「せいぎのこころ」

あくタイプの技を受けると、「こうげき」ランクが一段階上がるというものです。

ビリジオンなどが三闘士と呼ばれる所以の一つでもありますよね。

 

優しさや強さを兼ね備えていることがビリジオンたちの伝説の象徴でもあります。

こういった本編中のバックボーンも知っていくと楽しいですよ!

 

 

ビリジオンは高い素早さやとくぼうから、バトルでは「めいそう型」やこうげきととくこうの同じ値であることから「両刀」なんかもこなせる器用なポケモンです。

 

しかしタイプの特性上若干器用貧乏感もぬぐえず、特殊一本でいく場合はめざパは必須となります。

まともな特殊技は「ギガドレイン」・「エナジーボール」・「きあいだま」あたり。

 

ビリジオンの色違い

ビリジオンの色違いはこんな感じです。

f:id:FreeGM:20180615100851j:plain

ビリジオンの通常色は緑メインですよね。

しかし、色違いはそれとまた対照的なピンク色になります。

この色、いいですよねー!

ビビっときました。

 

ビリジオンはリセット回数968回でした。

これも分母は越えず早めに出てきてくれました。

 

ピンクなのでばっちり「ヒールボール」で捕まりました。

USUMでは、「ラブラブボール」で頑張ってみたいところですね。

 

f:id:FreeGM:20180615101319j:plain

 

ビリジオンは無事シンクロも成功で「ようき」でした。

個体値もかなり良く

ABCDがVのSも27と現在であれば、王冠の数も少なくて済みます。

 

ビリジオン色違い比較

ビリジオンの色違いを比較してみましょう。

f:id:FreeGM:20180615101914g:plain
f:id:FreeGM:20180615101934g:plain
ビリジオン色違い比較

横並びにすると一目瞭然です。

 

色違いコレクターならぜひビリジオンのような全く色の違う伝説は持っていてもいいんじゃないでしょうか?

 

では、次はコバルオンに行きましょう。

 

コバルオン

次は「てっしんポケモン」のコバルオン

他のポケモンの中ではルカリオのみの「はがね」・「かくとう」タイプです。

「はがね」タイプならではの耐性の強さなどが挙げられるポケモンです。

 

種族値的には「ぼうぎょ」が一番高く、ビリジオンと同様に「こうげき」・「とくこう」は同じ値です。

覚える技は「はがね」・「いわ」・「かくとう」を主軸に戦闘では戦っていくような形です。

しかし、他の三闘士とも差別化できる良い技がコバルオンにはあるんです。

 

それはボルトチェンジ」!!

 

高い素早さから繰り出すことのできる「ボルトチェンジ」でタスキつぶしなど小回りの利く立ち回りなんかもできるのでハマれば強いポケモンの一角を担っているのではないでしょうか。

 

あとは、意外とコバルオンが「ボルトチェンジ」を覚えることは知られてないので、相手が抜群の技を打ちにきたとしてもすかすことが可能です。

不利対面での交換も、せっかくであればダメージ与えて交換しましょう。

 

コバルオンの色違い

 

コバルオンの色違いはこんな感じです。

f:id:FreeGM:20180615161033j:plain

 

コバルオンはシンクロも成功で「ようき」です。

実はコバルオンは固定リセットではなく、普通に高個体のリセットをしていたらたまたま出たんです。

 

・・・・・なのでちゃんとした回数は数えておらず

大体200回程で出ました。

 

では次が色違いの比較です。

 

コバルオン色違い比較

f:id:FreeGM:20180615161723g:plain
f:id:FreeGM:20180615161747g:plain
コバルオン色違い比較

コバルオンは全体的に色が濃くなっています。

青さが通常色より際立っていますね。

体の色が濃くなることで、より陰影に富んだといいますか

「コバルトブルー」っぽさが前面に出てきてるように感じます。

 

では次が最後の聖剣士の紹介です。

 

テラキオン

「がんくつ」ポケモンテラキオンです。

テラキオンは「いわ」・「かくとう」タイプなので、そのタイプの如くごつごつとした体や荒々しさが上手く描かれているポケモンです。

 

体格の良さなどわかるようにバトルでもテラキオンはパワーに自慢のあるポケモンです。

タイプ一致の「いわ」・「かくとう」技だけではなく、「じしん」も覚える技の補完も非常に良いことから聖剣士の中ではバトルでも人気の高いポケモンです。

 

ダブルバトルでは有名な「エルフテラキ」の高火力のコンボはいまだ使っている方も多いと思います。

 

テラキオンの色違い

テラキオンの色違いがこちらです。

 

f:id:FreeGM:20180615163655j:plain

 

テラキオンはシンクロが成功して「ようき」です。

これら三体の聖剣士はすべて一度でシンクロが成功したので良かったー。

 

回数は625回です。

回数的にも早くに出てきてくれたので一安心です。

 

当時であれば「こうげき」の個体値は1とかなり低かったのがネックだったのですが、今世代から使えるようになった「銀の王冠」を使えば個体値なんて何とでもなるので観賞用として眠っていたテラキオンが日の目を浴びる日が来ましたよ!!

 

完全サポートとしても使えると言えばそうなんですけど、ちょっともったいないですからね。

 

テラキオン色違い比較

f:id:FreeGM:20180615164219g:plain
f:id:FreeGM:20180615164236g:plain
テラキオン色違い比較



テラキオンの色違い比較です。

 

赤くなった角がまるで「闘牛」のようで猛々しさが通常色よりも強めに出ている点が個人的大好きポイントです。

あとは体の色もより「いわ」タイプっぽくなりましたね。

 

どうですか?

色違いの3匹の聖剣士の紹介でした。

 

ケルディオも色違い解禁されないかな・・・・・。

 

最後に3匹が一堂に会したバトルです。

(・・・敵として出した方が構図的にいいのかな?)

f:id:FreeGM:20180615164957j:plain

 

おわりに

これで今回の紹介はおしまいです。

あくまでORAS産なので、余裕があれば違う性格でまた粘りたいと思います。

個人的大正義のウルトラボールがあるので

既に持っているので優先度低めですが、いつかは必ず!!

 

レッツゴーが出て、スイッチの新作が出る前に、USUMの色違いもやりつくしたいですね!!(←ORASすらまだ終わってない)

 

ではでは、今回はこれまで

たまにですがこうやって、過去作の色違いもUPでぼくの「色違いポケモンゲットの軌跡」を作り上げていこうと思っています。

 

 

 

あいことば

○○大好き

○○には自分の嫁ポケでお願いします。

期限は来週の6/20(水)の23:59までです。

 

注目記事