自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【マジメな話】人と会う必要性について

Hatena

f:id:FreeGM:20180907012803p:plain

こんにちは、オトナシです。

 

今日は、「人と会う必要性について」気になることがあったのでちょこっと話していこうと思います。

 

 

 

はじめに

最近は人に会うことが多いんですよね。

 

ぼくは正直、そこそこ人見知りなのであまり人と会うのが好きじゃないです。

 

今の時代インターネットを通じていればすぐにどれだけ離れていようとも簡単に繋がることができます。

 

その中で、空間を気にせずに仮想世界を通して会話などができる世の中でわざわざ人と会う必要性が本当にあるのだろうか?

 

そう思ったので、色々感じたことを書いていこうと思います。

 

人と会う必要性

昨今は、わざわざ「人と会う必要性」というものがとても薄れてきていると思います。

 

インターネットが発達している世の中では、空間的な隔たりというのは全くありません。

 

例えばVR世界の技術が発展することによって、学校もVRで通える未来だって来るかもしれないし、移動というコストを支払わなくてすむ世の中にもなると思うんですよね。

 

今でさえ、会話をしたいならLINEとかそういったツールがあるので自分が集中している真ん中の時間をとられるのはあまり好きじゃないんです。

 

逆にそこまでして会いたいなら朝の7時とかならまだありですね。

なんか昼の13:00とかの中途半端な時間だと、仲いい人以外と会うとだいぶ体力持っていかれてかなり疲れちゃうんですよ。

 

こういうわけで、ぼくはそこまでして会う必要性ってあるのかな?

と思ってしまいます。

 

お互いが切磋琢磨できる関係であれば会いたいと思いますが、ただなれ合いだけで会う必要については少し考えたいところがあるってのは正直なところです。

 

なんでもかんでも吸収!!

というスタイルの人にはきっと人と会うことで色々吸収できるんでしょうね!

 

仮想世界じゃダメなのかな?

みなさんはどうなんでしょうか?

 

もちろん場合や状況によると思いますよ。

仕事とかでそれを選んでいるならば、それはもちろんやらなければいけないことなので!

 

あおりとかではなくて、たまに何でもかんでも「まずは会いましょう」という人はどういう気持ちで言っているのかが本当に気になります。

 

ネット越しではダメなんでしょうか?

わざわざその人のために、時間を割いて都内に出るという個人的には辛いんですよね。

 

え?その話ってなんならLINE通話じゃダメだったのかな?

そういう気軽な感じで良いんじゃないの?

 

と思っちゃうんですよ。

 

やっぱり人と会うのはあんまり向いてないかもしれないです(笑)

 

わざわざワクワクしない人と会う時間と移動のコストなどを考えると、最近流行りの「ブログ書け」・「とにかくブログ書け」という方がぼくには合っている気がします。

 

情報の入手方法

例えば、さきほど言った「人と会うことで手に入る情報」は本当にその人からしか得られないんでしょうか?

 

こういってしまうと人と会うのが嫌なだけだろうと思うかもしれないですが、今時って無料でもかなり質の高い情報が手に入ると思っています。

 

Twitterのいわゆるインフルエンサーの人たちって、相当有益な情報を流していますよね。

 

普通にコンサルしている人がそんなこと無料で教えてくれるの!?

なんてことも教えてくれたりします。

 

何でもかんでもネットで完結!!

 

とは言いませんが、疑り深いぼくは結構「人と会うハードル」が結構高いんですかね?

 

おわりに

ぼくは人とのかかわりが嫌いというわけではないです。

 

むしろお互いがわくわくする関係なら、会いたいときに会いたいですからね。

 

空間の隔たりを気にしなくても会いたくなるほどの関係が多いのはうらやましいです。

ぼくは人と会うことが課題なのかもしれない・・・・。

 

ぼくの場合は、たぶん最初の「人と会う」ハードルが結構高いので、今回はこんな話題について書いてみました。

 

可能であれば、みなさんの「人と会う可能性」や「あった方が良いと思う理由」を聞いてみたいです。

ただぼくの世界が狭くなっているだけなのかもしれないので!笑

 

ちょっとあまり前向きな話じゃなかったのですが、今回はここまでです。

また次回もよろしくお願いします。

 

コチラもあわせて読みたい

 

www.otonashi-blog.com
www.otonashi-blog.com

 

注目記事