自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】VC産ベロリンガ

Hatena

こんにちは、オトナシです。

 

今回はVC産の色違いポケモンの紹介です。

可愛さ抜群のノーマルポケモン

 

その実態やいかにッ!?

 

 

f:id:FreeGM:20180904000220j:plain

 

 

ベロリンガ

ベロリンガは初代からいるポケモンで、何といっても可愛い。

 

アニメではムサシの手持ちとなって活躍してましたね。

 

それにしてもウパーとかベロリンガみたいなクリっとした目のポケモンはほんとに全部が可愛いなと思います。

 

ゲームでは第4世代からは「ころがる」を覚えた状態でレベルUPするとベロベルトに進化という、新たな進化先を獲得しました!

より一層・・・さらに可愛くなりましたね!笑

 

そんなベロリンガですが、VCではどんなポケモンだったのでしょうか?

 

初代VC

赤緑では痩せで出現しないポケモンです。

青版では「サファリゾーン」、ピカチュウ版ではクリア後の「ななしのどうくつ」に出現します。

 

赤緑では、「18ばんどうろ」のゲートの二階にいる人と「ヤドラン」の交換で入手可能です。

 

ニックネームは「なめぞう」。

・・・・なめぞうって

 

もし初代でニックネームをしっかりつけてあげたいならば、ピカチュウ版で捕まえるのが一番現実的です。

 

金銀VC

金銀VCでは「チョウジタウン」の右側の「44番道路」の草むらに出現します。

 

実はエンカウント率低めのベロリンガは出現レベルが24と26になっており、他にこの草むらで出現するポケモンは24以下なんです。

なのでレベル25・26のポケモンを先頭にして「むしよけスプレー」などを使うとベロリンガだけに遭遇できますよ!

 

この世代でのタマゴ技の「はらだいこ」を覚えさせてしまうと初代VCに送ることができなくなってしまい「じわれ」などの面白技を覚えさせることができなくなってしまうので、孵化の際は注意が必要です。

 

ストーリー中では、鈍足かつ攻撃や特攻が中途半端で、技マシンでガッツリ高威力技を覚えさせないと活躍が難しいポケモンではあります。

 

しかし、その分技範囲は相当広いので確実に弱点を突いていく戦法が良いと思います!

 

色違いってどんな色?

ベロリンガの色違い

ではさっそくベロリンガの色違いに登場してもらいましょう!

 

 

ベロリンガはかなり早い段階で出てきてくれました!

 

なんとタマゴの孵化個数は・・・13個です!

 

このペースが続いてくれるととても嬉しいですよね。

 

64分の1の確率ってこういうラッキーが続いてくれるので、辞められなくなっちゃいます。

 

ベロリンガの色違い比較

では次はベロリンガの色違いを比較をしていきましょう。

 

f:id:FreeGM:20180904000228j:plain
f:id:FreeGM:20180904000224j:plain
ベロリンガの色違い比較

 

比較するとベロリンガの色はこんな感じです。

 

通常色はおなじみのピンク色ですが、色違いになるとちょっと黄色くなっていますね!

 

次はUSUMでのベロリンガの色違いの比較も見ていきましょう!

f:id:FreeGM:20180904002902g:plain
f:id:FreeGM:20180904002850g:plain
ベロリンガの色違い比較


こっちはもう完全に黄色というか金色というか、ドット絵との違いが顕著なポケモンです。

 

ベロリンガは個人的には3Dモデルの色違いの方が好きです。

進化後のベロベルトも色合いが金色?黄色になります!

 

こういったドット絵との違いも楽しめるのが特権ですよ!

 

ベロリンガのタマゴ技

・のしかかり

・はらだいこ

マグニチュード

かえんほうしゃ(クリスタル限定)

10まんボルト(クリスタル限定)

れいとうビーム(クリスタル限定) 

 

 

タマゴ技遺伝経路

マグニチュード

ドーブル

マグニチュード・・スケッチ

→「サイホーン

マグニチュード・・タマゴ技

→「ベロリンガ

マグニチュード・・タマゴ技

 

のしかかり・はらだいこ

カビゴン

はらだいこ・・・レベル22

のしかかり・・・レベル43

→「ベロリンガ

はらだいこ・・・タマゴ技

のしかかり・・・タマゴ技

 

VC限定の技・技マシン

USUMではタマゴ技になっているものは赤文字です。

 

初代VC

有用そうな技マシン

・メガトンキック(技マシン05)

75%という少し命中率が低い点は気になりますが、威力的には申し分ない技です。

タイプ一致にもなるので、反動の無い高火力技です。

 

・のしかかり(技マシン08)

USUMではタマゴ技です。

相手をマヒさせることが可能な技、かつタイプ一致でそこそこの火力が出るのでノーマルタイプの技ではおススメです。

 

すてみタックル(技マシン10)

反動はありますが威力は120と、「メガトンキック」同様の高火力の技でおススメです。

最後の瀕死際などに使えるとおいしいですね!

 

・カウンター(技マシン18)

耐久的には全く問題ないでしょう。

ベロリンガのままなら「しんかのきせき」も使えますし、使った後にもまだ行動する余裕はできそうです。

 

・ちきゅうなげ(技マシン19)

特殊技や受け主体で行くならば、この技は入れておいても損はないです。

確実なダメージを与えることが可能なので、技構成によっては入れる余地ありですね!

 

・じわれ(技マシン27)

ここぞという一発逆転のチャンスを狙うならこの技は絶対採用したいですよね!

とつげきチョッキ」や「しんかのきせき」を使えば耐久も大幅強化できるので、試行回数を増やすことも可能です。

 

ネタ技マシン

・メガトンパンチ(技マシン01)

命中と威力がどちらも中途半端になってしまうので、それよりだったら高火力や安定する命中率の技どちらか一方にした方が良いでしょう。

 

・とっしん(技マシン09)

この技は「すてみタックル」ほどの威力はなく反動を受ける技なので、ダメージ的にも少し中途半端になってしまいます。

 

・バブルこうせん(技マシン11)

「みずでっぽう」や教え技の「みずのはどう」よりは威力が若干高いですが、「なみのり」も覚えることができるので水技ならこれよりもいい技があると思います。

 

・みずでっぽう(技マシン12)

威力は40とかなり低下力です。また、「みずのはどう」が教え技にあるのでわざわざこの技を採用する必要もなさそうですね。

 

・じごくぐるま(技マシン17)

命中不安で、威力はそこそこの反動を受ける技なので、これよりは他の格闘技を候補に入れた方がデメリットは少ないと思います。

 

・いかり(技マシン20)

この技を使うくらいならタマゴ技の「はらだいこ」をしましょう。

不確定要素で能力UPはギャンブル性が高いです。

 

・あなをほる(技マシン28)

ターンを稼ぐ際には、もってこいですね!

ただし、相手に余裕を与えるデメリットもあることは覚えておく必要があります。

 

・ものまね(技マシン31)

使いどころがかなり限られてしまいますが・・・。

なんだろう?

なんかいい技があったら教えてください!

 

・がまん(技マシン34)

普通に攻撃した方が強いと思います。

 

・いあいぎり(秘伝マシン01)

他にも候補の技はたくさんあるので、ネタ技です。

 

かいりき(秘伝マシン04)

何か追加効果でもあればいいんですが・・・・。

現状他の技の方が良いですよね!

 

金銀VC

有用そうな技マシン

ばくれつパンチ(技マシン01)

命中に関しては当たる確率が2分の1ですが、それに見合う追加効果のメリットはある技です。

 

のろい(技マシン03)

USUMではタマゴ技です。

ベロリンガは鈍足のポケモンなので、もってこいの技ですね!

耐久的にも申し分ないので、トリルと組み合わせたりして状況に応じて使い分けましょう。

 

ネタ技マシン

・ずつき(技マシン02)

素早さが低いポケモンなので、この技を使いこなすのは少し難しいですね。

加速バトンなどで相手の上から攻撃できるならば、採用しても良いと思います。

 

・いわくだき(技マシン08)

技の威力が低いので、追加効果を考えても普通に他の技で攻撃した方が良いと思います。

 

・こらえる(技マシン20)

技の性質的に、ベロリンガとはあまり相性が良いとは言えなそうですね・・・。

この技を入れるよりは、他の技を入れた方が良いかもしれません。

 

・どろかけ(技マシン31)

おなじみの技です。

「どろかけ」で相手の命中率を下げて、こっちは有利に行動しましょう。

あくまで命中率を下げるのがメインなので、威力はお察しです。

 

・あくむ(技マシン50)

相手を眠らせる技がないので、ダブルバトルで使うか、相手の「ねむる」待ちなどのように使える場面がかなり限られてきます。

 

おわりに

今回生れてくれたベロリンガはUSUMでは進化するので、はやく送ってあげたいですね!

 

しかし、「はらだいこ」を覚えさせているので、初代には送ることができないというジレンマ・・・・。

初代の技も面白いものがたくさんあるので、これはもう一匹粘る流れかッ!?

 

みなさんもぜひVC色違い孵化の世界へ足を踏み入れてみませんか?

 

ではでは、今回はここまでです。

また次回の記事もよろしくお願いします。

 

 

コチラもあわせて読みたい

www.otonashi-blog.com

www.otonashi-blog.com

 

注目記事