自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】USUM産 テッカグヤ

Hatena

こんにちは、オトナシです。

 

今回もUSUM産のウルトラビーストの色違いを紹介していきます。

 

UBは姿形が今までのポケモンとは全然違って、異形のもの感があってそこもまたたまらないですよね。

 

 

 

 テッカグヤ

テッカグヤはサンムーン、第七世代から登場したポケモンです。

 

テッカグヤは出現するのが「ムーンとウルトラムーン」だけで、色違いを粘れるのはウルトラムーンだけなので注意が必要ですよー。

 

タイプは「はがね」「ひこう」なのでエアームドと同じタイプなんです。

 

最初テッカグヤは「くさ」「はがね」のナットレイと同じタイプだと思ったのは自分だけじゃないはず!

 

名前からわかるように「かぐや姫」をモチーフにしていて竹や月の感じが出ていてすごくいい雰囲気のポケモンですね~。

 

色違いってどんな色?

テッカグヤの色違い

では、さっそくテッカグヤの色違いに登場してもらいましょう!!

 

f:id:FreeGM:20180927214138j:plain

テッカグヤの色違い


テッカグヤは見事にシンクロしてくれました~~!!!

 

性格は「ひかえめ」で、今回のリセット回数は1408回でしたよー。

 

余裕がなくてウルトラボールで捕まえるしかなかったのは・・・内緒です。

 

やっぱり準備って大事ですよね。

 

・・・・白いポケモンはプレミアボールで欲しい。

(たぶんわかりみが深い・・・・はず?)

 

テッカグヤはそこまで苦労せずにホールを見つけられたのもラッキーでしたね!

 

・・・・アクジキング

え!?白いホールに本当に出てくるの!?!?笑

 

テッカグヤの色違い比較

次はテッカグヤの色違い比較です。

 

f:id:FreeGM:20180927214236g:plain
f:id:FreeGM:20180927214245g:plain
テッカグヤの色違い比較


テッカグヤは・・・・なんと!!

 

人気の高い「白色の色違い」なんです。

 

ぼくの好きなアマルスしかり、メガゲンガーしかり・・・。

白になる色違いは個人的に熱盛ですね!!←

 

通常は鉄っぽさが前面に出ているんですが、色違いは「ホワイトゴールド」みたいな色かな?

 

白色のおかげか高級感あふれる仕上がりに!

 

どうでしょう?

みなさんも色違いのテッカグヤが欲しくなったんじゃないですか~?

 

色違いポケモンは皆さんのことをきっと待っていますよ!笑

 

テッカグヤの特徴

テッカグヤ種族値

まずは、種族値から見ていきましょう。

 

テッカグヤ 種族値
HP 91
こうげき 101
ぼうぎょ 103
とくこう 107
とくぼう 101
すばやさ 61
合計 570

 

テッカグヤは、素早さ以外はちょっと高めで、鈍足ほどではないけれどちょっと遅めのポケモンです。

 

調整を間違えれば器用貧乏になってしまうので、自分のやりたいことをしっかり考えたうえで育成しないと中途半端になってしまうので気をつけましょう!

 

しかし、色んな型ができるからこそ相手はどんな戦い方をするテッカグヤなのか想定しづらいので選出の時点で少しアドを取れますよね!

 

おススメの技

テッカグヤは技範囲が広く、特に物理技はとても豊富なんです。

 

補助技も優秀なものが多く「みがわり」・「やどりぎのタネ」で耐久型もできるし、特殊技だと「エアスラッシュ」・「ギガドレイン」・「ラスターカノン」・「だいもんじ」などをメインで使う方が多い印象です。

 

やどりぎのタネ」を草タイプ以外で使えるのはテッカグヤだけなので、存分にその特権を使いましょう!ドーブルは除く)

 

物理技は「じしん」とか「ストーンエッジ」、「ばかぢから」までも・・・。

とはいえ、物理技は他のポケモンでもできるんじゃない?

 

みたいな技も多いので、特殊よりで補助技を入れつつというテッカグヤにしかできない技多めで育成するのがBESTかなと思います。

 

ちなみにぼくの今回捕まえた色違いテッカグヤは「ひかえめ」なので特殊主体で使っていく予定・・・。

 

おわりに

 今回はテッカグヤの紹介でした~。

 

最初はテッカグヤの色違いは分からないんじゃないかと思っていたけど、そんなことなく出てくれたらわかる感じですよ!

 

UBの色違いはUSUMでしか出会えないので、まだ捕まえていない人はぜひ一度挑戦してみませんか?

 

ではでは、今回はここまでです。

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

コチラもあわせて読みたい

 

www.otonashi-blog.com

www.otonashi-blog.com

www.otonashi-blog.com

 

注目記事