自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】VC産イワーク

Hatena

こんにちは、オトナシです。

 

今日も色違いポケモンの紹介をしていきますよー。

 

最近不調すぎて気分が落ち込んでます。

 

確率なんてあてにできないですね。笑

 

 

 

イワーク

イワークといえばアニメのタケシの相棒のポケモンとして出てくるイメージが強いですよね。

 

金銀からは新たに進化も手に入れて強化が進みました。

 

「ぼうぎょ」は相当な数値ですが、他の能力が・・・。

 

HPの種族値が30

攻撃の種族値は45

とくこうはまだ良いとしても

特防の種族値も45

 

・・・・・・ん?

 

低くない!?!?

 

そうなんです。

これくらい種族値的にはちょっと・・・。

 

思っていたイメージよりもだいぶ残念な子なんです。

 

進化後のハガネールメガシンカもできるようになったんですけど

そのメガハガネールも謎に防御がさらに強化されたりと・・・。

 

その分特防とか攻撃に回ればもっとましだったんじゃないかなと思います。

 

そんなイワーク系統ですがVCではどんなポケモンだったのでしょうか。

 

初代VCのイワーク

 初代のイワークといえば攻撃力ポッポなどとバカにされるようなこともありますが、タケシの切り札として最初のジムで立ちはだかってくる難敵ではないでしょうか?

 

最初のジムで「いわ」タイプは結構きついですよね。

抜群になる技もあまりなく、最初のポケモンがよく覚えている「たいあたり」や「ひっかく」なんかは半減されてしまいます。

 

何も知らずに挑んで普通に負けた当時のぼくみたいな人はきっと多いはず。

 

野生では「ニビシティ」の次の「おつきみやま」で出現するのでそのまま捕まえた方も多いのではないでしょうか。

しかし、戦闘面では「こうげき」の種族値は相当低いので使いづらい面もありましたね。

 

パーティでイワーク入れてた人ってどのくらいいるんでしょうか?

おそらくそんなにいないのかなと思います。

 

もし当時からずっと使ってるよ

なんて人は教えてください!

 

金銀VCのイワーク

 金銀では新たな進化先を手に入れました。

 

また進化後には「はがね」タイプを手に入れて今まで強く出れなかった「エスパー」なんかも半減できるようになりましたね。

タイプ的にはとても優秀なポケモンなので前作よりも使われる頻度は高くなったんじゃないかなと思います。

 

イワーク自体も序盤の「つながりのどうくつ」から出現する上にジム戦でも有利な岩タイプだと多くの人が使ったのではないかと思っています。

 

「はがね」タイプのポケモンハガネールハッサム、コイル系統のみだったので「はがね」使いたいって人はこの三種類の中から選ぶことになりますね。

 

ハガネールのビジュアルはハッサムに負けず劣らずって感じでかっこいいです。

 

ちょっと話がそれてしまいましたね。

では、そんなイワークですが色違いはどんな色なんでしょうか?

 

色違いってどんな色?

イワークの色違い

 

こちらです。(ドドン)

 

f:id:FreeGM:20180704081605j:plain

色違いのイワーク

 

色合いが通常のイワークとは全然違います。

 

前回のチコリータのようなミスは犯さずしっかり写真も撮ることができました。

 

バタフリーもそうですけどアニメでの色違いの印象が強いポケモンっていますよね。

特殊なクリスタルのイワークはとてもきれいでかっこいいなと思った覚えがあります。

 

あのイワークって炎に弱くて水に強いって覚えがあるんですけど、今思い返すと鋼タイプの先駆けみたいな感じでしたよね。

 

ちなみにこのイワークなんですが

 

・・・・・89個目のタマゴから生まれてきました。

今回も分母超えました。

 

ちょっとかかりましたね。

ただカビゴンを経験してるぼくから言わせてもらうとそこまで精神的に来ませんでした。笑

 

悪い意味で慣れてしまっているのかな・・・。

 

もちろん早く来てくれると嬉しいんですけどね。

 

次はそんな色違いのイワークを比較してみようと思います。

 

イワークの色違い比較

f:id:FreeGM:20180704081621j:plain
f:id:FreeGM:20180704081612j:plain
イワークの色違い比較

 

通常色のイワークと比べてみると少しコケっぽいと言いますか、金色などというよりは少しくすんでいるような印象です。

(・・・ブルブル結構レベル上がりました。)

 

やっぱり色違いは良いですね。

ぼくはこんなにVC色違いにはまるとは思ってもみなかったです。

 

ドット絵だとやはり今のポケモンとはまた少し違った色合いだったりするので見ていて楽しいですね。

 

そんなイワークの3Dの比較です。

f:id:FreeGM:20180704081709g:plain
f:id:FreeGM:20180704081718g:plain
色違いイワーク比較

 

やっぱり緑っぽいです。

なんか森の中に擬態してても気付かなそうな色合い。

 

ちなみにぼくはハガネールのこの色がとっても好きなんです。

f:id:FreeGM:20180704081809g:plain

ハガネールの色違い

メガシンカしたらもっとかっこよくなりますよ!

 

しかし、それは皆さんの目で直接みてもらうのが一番だと思うのでここでは紹介しないことにします。

 

ぜひ皆さんも色違いのポケモンをいっぱい見つけてみてください。

 

次はイワークのタマゴ技です。

 

イワークのタマゴ技

いわなだれ

・じたばた

 

以上二つです。

これらは一匹のポケモンで網羅できます。

 

詳細は以下に・・・

 

タマゴ技遺伝経路

じたばた・いわなだれ

ウソッキー

じたばた・・・・レベル10

いわなだれ・・・レベル28

イワーク

じたばた・・・・タマゴ技

いわなだれ・・・タマゴ技

 

※「じたばた」を覚えさせると初代VCには送ることができないのでその点に注意が必要です。

 

VC限定の技・技マシン

USUMではタマゴ技のものは赤文字で示しています。

 

初代VC

有用そうな技マシン

・のしかかり(技マシン08)

相手を確率でマヒにできる追加効果が優秀な技です。

威力的にも申し分ない技なので選択肢の一つとしていかがでしょうか?

 

・じわれ(技マシン27)

一撃必殺技。

ポッポと同じ「こうげき」の種族値なので結構「こうげき」は低めです。

耐久よりのイワークにはこういった技の方が合うかもしれないですね。

 

・じばく(技マシン36)

「だいばくはつ」よりも威力は劣るものの威力は200と相当のもの。

ステルスロック」などで場を整えた後の退場技兼一矢報いる技として。

 

・ロケットずつき(技マシン40)

「ちょうはつ」を打たれても、攻撃技なので関係なく使うことが可能です。

「ぼうぎょ」を上げつつ攻撃できるので、耐久強化を図るならばこの技も選択肢の一つに。

 

ネタ技マシン

とっしん(技マシン09)

反動のある技なので、わざわざこの技を入れるのは少しもったいないですね。

それならば他の技を選択肢として考えるのが良いかと思います。

 

ものまね(技マシン31)

上手く使いこなせれば・・・・。

ただイワーク系統は何を「ものまね」できれば強いんでしょうか?

やっぱり積み技ですかね?

 

がまん(技マシン34)

耐久よりのイワークならば使う機会はあるかも。

しかし、ターンの関係などで少し現実的ではないかも。

 

かいりき(秘伝マシン04)

今やライドポケモンに打って変わった秘伝技。

特にメリットなどはないので、他の技で良いと思います。

 

金銀VC

有用そうな技マシン

・ずつき(技マシン02)

「ひるみ」の優秀な追加効果が美味しいです。

ただ素早さの関係上相手の上をとるならば、「ロックカット」や「トリックルーム」などのお膳立てが必要になります。

 

ネタ技マシン

・いわくだき(技マシン08)

USUM通しての唯一の格闘技です。

しかし、威力的にも採用するのは難しいかなと思います。

 

ころがる(技マシン04)

ハガネールのみ。

USUMではタマゴ技。

進化後ならば覚えることが可能です。

「まるくなる」と一緒にコンボで使いましょう。

 

・こらえる(技マシン20)

ターン稼ぎが必要なシーンではこの技があるといいかもしれませんね。

追加効果までは防げないので要注意です。

 

・どろかけ(技マシン31)

特殊技になってしまうので優先度は低め。

ダメージはタスキつぶし程度しか期待できません。

 

まるくなる(技マシン40)

ハガネールが覚えます。

USUMではタマゴ技です。

「ころがる」を使うならばこちらも一緒に。

 

・いあいぎり(秘伝マシン01)

ハガネールが覚えます。

イワークは覚えませんが、進化後に覚えることが可能です。

 

 

おわりに

どうでしたか?

 

何か少しでもためになる情報があったら幸いです。

 

VC孵化のやり方がわからなかったりする場合は何でも聞いてください。

基本的にすべてに返信していきます。

 

ではでは、今回はここまで

 

また次の記事でもよろしくお願いします。

 

 

jiyunigm.hatenadiary.jp

 

 

注目記事