自由に生きてあそBlog

主に今はVCや固定リセットの自己産の色違いポケモン紹介をしてます。後はぼく自身の投資とかの人生を楽しむエッセンスについて書いていきます。

【色違いポケモン紹介】VC産ノコッチ

Hatena

f:id:FreeGM:20181015234038j:plain

 

こんにちは、オトナシです。

 

今回は久しぶりの10数個で産まれてくれた色違いポケモンの紹介!!

 

VCでは出現率が1%!?!?

 

 

 

 

ノコッチ

ノコッチは金銀の第二世代から登場したポケモンです。

 

モチーフとなっているのはツチノコですね!!

 

現代ではいるかどうかすら怪しい・・・、そういわれているツチノコですがポケモンの中ではちゃんと存在します!笑

 

しかし、第二世代ではその希少性から出会うことなくストーリーを終えたという人も多そうなイメージです。

 

そしてノコッチは通常特性が「てんのめぐみ」なので、「エアスラッシュ」で相手がひるむ確率が60%になり、「チャージビーム」を使うと100%の確率で自分の特攻が上がるなどと・・・、特性を活かした戦い方ができます。

 

・・・・・VCから送ると「ビビり」という「むし」「ゴースト」「あく」タイプから攻撃を受けると素早さが一段階上がるという使い道がとても限られてしまう特性になるのが悲しいところです。

 

さて、そんなノコッチはVCではどんなポケモンだったのでしょうか?

 

金銀VC

ノコッチは「くらやみのほらあな」に生息しており、出現率が大量発生時以外は1%なので相当捕まえるのに苦労するポケモンです。

 

一応ストーリーでも「キキョウシティ」に入る前に、そこで粘り続ければ出ることには出ます。笑

しかし、この捕まえ方は現実的ではないですよね。

 

そんな時には「33ばんどうろ」にいる「やまおとこのツトム」とポケギアの番号を交換することで大量発生の電話をくれます。

 

そうすれば出現率も30%ほどに上昇するので簡単に捕まえられるようになりますよ!

 

ちなみに金銀世代だとまだ覚える技も貧弱で、使える補助技といえばレベル13で覚えられる「へびにらみ」くらいなのでストーリーで使うには少し難易度の上がるポケモンですね。

 

きっとGBでやっていた当時は捕獲を夢見ていたノコッチ

 

改めてプレイするならば、1%を粘ってパーティに加えてみてはいかがでしょうか?

 

色違いってどんな色?

ノコッチの色違い

 

今回は久々に早く産まれてきてくれました!!

 

確率の収束を肌で感じますね!

 

今回のノコッチはなんと・・・・・13個目のタマゴから産まれましたよ~!

 

同時にやっているワニノコはすでに100を超えているので、帳尻合わせてきてますね・・・・完全に。

 

ノコッチの色違い比較

恒例の色違い比較のコーナーです。

 

まずはVCのドット絵の色違いから比較していきましょう。

 

こちらです!!

f:id:FreeGM:20181015234047j:plain
f:id:FreeGM:20181015234041j:plain
ノコッチの色違い比較

見ていただければわかるように

トレードマークの水色のラインがピンク色になっていることがわかりますね!!

 

あとは気持ち程度にほんの少しだけ全体的な色がピンクっぽくもなっているような・・・・?

 

これはもしかしたらそう見えるだけかもしれないですが。

 

このドット絵のノコッチって可愛いですよね~。

たぶん全作品で一番かわいさにあふれていると思います。笑

 

 

次はUSUMの3Dモデルの方でも比較していきましょー。

 

 

 

f:id:FreeGM:20181015234005g:plain
f:id:FreeGM:20181015233921g:plain
ノコッチの色違い比較

それがこちらです!! 

 

パタパタしている羽根(?)が可愛いですね。

色合いはドット絵のころから変わらずに、ピンク・・・、や薄紫っぽい色がそのまま違いとなって表れていますね!

 

簡単にドット絵と3Dモデルの色違いを楽しめるのは、VC色違い孵化の醍醐味ですから!

 

ぜひみなさんもやってみませんか?

 

ノコッチのタマゴ技

・いかり

いわなだれ

・がまん

・かみつく

・げんしのちから

 

ドーブルでできます。

 

VC限定の技・技マシン

USUMではタマゴ技になっているものは赤文字で示しています。

 

金銀VC

有用そうな技マシン

・のろい(技マシン03)

USUMではタマゴ技です。

もともと鈍足のポケモンなので、相性はいい技です。

物理主体で考えているならば採用価値があります。

しかし、特性の「ビビり」とは相乗効果が期待できません。

 

でんじほう(技マシン07)

VCからの輸送だと特性「てんのめぐみ」にはできないので確定で「まひ」させられるこの技は採用するに値しますね。

 

・あくむ(技マシン50)

USUMではレベル技の「あくび」と組み合わせるとより一層の効果が期待できます。

まさかこんな技をというしての動揺も誘えるのでおススメですよ!

 

ネタ技マシン

・ずつき(技マシン02) 

USUMではタマゴ技です。

素早さの遅いポケモンなので、追加効果を狙えないという状況になりやすいんですよね。

それならほかの技のほうがメリットがあります。

 

・いわくだき(技マシン08)

この技は威力が低く、バトル向きではないので採用理由はほとんどないです。

特性が「てんのめぐみ」だったらまだチャンスがあったかも?

 

かいりき(秘伝マシン04)

通常攻撃の技なので、バトルで採用する理由はありません。

 

おわりに

今回は久々の早い段階での色違い登場でした。

 

最近は孵化個数が多めのポケモンばかりだったのでつかの間の休息・・・、といった感じでしょうか?

 

とはいえ、まだまだ走り続けたいと思っているのでしっかりとコンプ目指してやっていこうと思います。

 

ではでは、今回はここまでです。

また次回もよろしくお願いします!

 

 

~ゲーム実況始めました~

youtu.be

興味のある方は↓からチャンネル登録をよろしければどうぞ!

 

 

注目記事